人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

[台湾編] 朝からトップ会談

翌朝はホテルで朝食後、ウーDGとご主人のイエン氏が来訪された。騒がしい宴席ではあまり話ができなかったのだろうか、朝から稲垣DGを交えて会談が始まった。私と山中氏もガバナーということで何故か同席。イエン氏とは昨年、天母クラブでの合同例会で少しだけ言葉を交わし、名刺も頂いていたのだが、流石に私のことは覚えておらず、2枚目の名刺を頂戴することになった。
b0108857_0281191.jpg

この後、観光組と分かれて私は一人空港へと向かった。稲垣DGは私の後の便で帰るとのことだった。

台湾ツアーはこの後毎年の様に組まれているが、私の訪台は前年とこの年で留まっている。それは家庭環境の変化が理由であった。この2度の訪台は、単独で気軽に海外へ行けた頃の良き思い出である。
[PR]
by inv-pyramid | 2010-08-31 00:28 | 2000年後半

[台湾編] 懇親会は仮面舞踏会!?

合同例会の後、近くのレストランに場所を移して懇親会となった。ここで今年も台湾流の趣向で、参加者全員に仮装が施されることになった。我々の分も用意してあるとのことで、ここまで来たら、郷に入れば郷に従えということだろう。さながら仮面舞踏会という雰囲気であった。
b0108857_073661.jpg

白雪姫と小人、サンタクロース、etc。
b0108857_075359.jpg

桃園のみなさんと歓談。
b0108857_081871.jpg

仮面舞踏会に続いてカラオケタイム。もちろん日本語。ただし曲の数が少ないので歌える曲はあまり選べなかった。
b0108857_085443.jpg

宴たけなわの頃、台湾のウーDGが合流。稲垣DGとハイタッチ。
b0108857_091067.jpg

帰路は台北まで電車で帰った。満員の車内で約1時間立っていた。ホテル到着後、渡辺兄弟と怪しげな車に乗り込み、足裏マッサージの店に入った。店の中も怪しげな雰囲気だったが、痛いほどのマッサージは心地よかった。帰りもどこをどう走ったのかもよくわからずホテルへ戻った。
b0108857_092766.jpg

[PR]
by inv-pyramid | 2010-08-31 00:09 | 2000年後半

[台湾編] 桃園での合同例会(その2)

合同例会は桃園の市街地の中にある小学校の講堂で行われた。台湾側は成功クラブの他、台北の太平洋、平和クラブの方々も来られていた。稲垣DGはここから合流し、最初に挨拶。
b0108857_049625.jpg

成功クラブ会員の双子のお孫さんによる挨拶。
b0108857_0492756.jpg

笑い話は例によって早い者勝ちで矢継ぎ早に小話が続いた。
b0108857_050123.jpg

今回の私の役割は、平和クラブの方のスピーチの論評。「自転車に乗って」という題のスピーチは、台湾の自転車事情を綴った内容で、論評では視覚器材の使用などについて改善点を上げた。少し気合いを入れた甲斐もあって、最優秀論評者に選ばれた。
b0108857_0502226.jpg

b0108857_041321.jpg
b0108857_044182.jpg

[PR]
by inv-pyramid | 2010-08-25 00:51 | 2000年後半

[台湾編] 桃園での合同例会(その1)

12月2日(土)、ホテルで朝食後、桃園成功クラブの梁氏らが我々を迎えに来られた。車に分乗して合同例会が行なわれる桃園へと向かった。午前中は観光ということで、途中の陶芸の里、鶯歌に寄った。まだ真新しかった陶磁博物館に案内され、展示物を見学した。何故か全員に目印として日本の某自動車会社の帽子が配られた。
b0108857_1175263.jpg

鶯歌からは、当時台湾最大のロックフィルダムと言われた石門ダムを経由した。横幅のあるダムで通行した道路からはダム湖側は見えなかった。石門ダム近くの活魚料理店で昼食となった。
b0108857_1181451.jpg

巨大な生簀で泳ぐ淡水魚を客の前ですくい上げ、それを料理して出すというスタイルの料理店。全員が一度に座れる円卓で、これでもかと言うばかりの魚料理が振る舞われた。
b0108857_118359.jpg

一同満腹となった所で、いよいよ桃園の合同例会場へ向かった。空は穏やかに晴れていた。
[PR]
by inv-pyramid | 2010-08-24 01:18 | 2000年後半

[台湾編] 夜間飛行で台北入り

12月1日(金)に東京発組が成田に集合して、台北へ飛んだ。今回も名古屋組と東京組に分かれての出発であった。東京組は、はまの佐々木、豊坂氏、東海の渡辺氏の妹の渡辺R氏、そして私の4名。今回は夕刻発で台北には夜着の夜間飛行であった。成田に着くと私以外の3名は既に集合場所に到着していた。3名とも思いの外軽装なのでちょっと驚いた。少し時間があるので、空港売店のコピー機で江戸の会報、江戸倶楽部通信をコピーした。合同例会で配布するためである。今回は金曜夜に台北入りし、土曜日の午前は台湾観光、午後が桃園で合同例会、夜懇親会、という予定であった。そして私は日曜に帰るのだが、他の人は日曜は1日観光とのことであった。

台北に着き、名古屋組と合流。現地の案内人が出迎えてくれた。名古屋組は団長の山中氏を筆頭に、名古屋の犬塚、今枝、杉山氏、愛知の舘、奥山氏、そして幹事の東海渡辺Y氏。稲垣氏は土曜日に合流する予定であった。一同チャーターバスに乗って空港から台北市街へと入る。ホテルは昨年よりは確かにグレードが落ちた感じだったが、ごく普通であった。夕食はどうするのかと思っていたら、これから士林の屋台へ繰り出すとのことであった。かくして一同、地下鉄に乗って士林へと向かった。ガイドはもちろん渡辺Y氏であった。
b0108857_040916.jpg

台北の地下鉄はまだ開通したばかりで、日本とは異なる改札システムが興味を引いた。士林の夜市はこれぞ台湾といった感じで、渡辺Y氏が適当に目を付けた店に一同入った。日本語も英語も通じない中、渡辺Y氏が身振り手振りで適当に料理を注文した。
b0108857_0404643.jpg

その後、夜市を散歩していたら段々と散会して一人になってしまった。地下鉄はもう終わってしまったとのことで、途方に暮れていたら、佐々木氏と合流でき、二人してタクシーでホテルへと帰ることができた。
b0108857_0411071.jpg

[PR]
by inv-pyramid | 2010-08-23 12:44 | 2000年後半

[台湾編] 再び台湾へ

12月1日~3日、金、土、日の3日間で台湾を再訪した。昨年に引き続き2回目の台湾訪問であった。昨年のツアーは成功裏に終わったが、TM色が強く、観光があまりできなかったという声もあったようで、今回のツアーはTM関連は合同例会に留め、観光にも十分配慮したものとなった。

企画は東海クラブ(当時)の渡辺氏で、団長は名古屋の重鎮山中氏とした。8月中には既にツアー募集の第1報が流れていた。ホテル等のグレードを下げて昨年より金額が下がっていた。ツアー全体の日程は4日間だったが、私は休みの関係で今回は日曜で帰国することにした。

今回はディストリクト76Pとして初の台湾訪問であり、台湾もまた同じくしてディストリクト67Pとなったこともあって、日本からは稲垣DGが参加して台湾のウーDGと面談する予定なども組まれていた。特に公式訪問というわけではなかったが、日台交流の新たなる一歩を感じさせる訪問になることは間違いなく、期待の膨らむツアーとなった。
[PR]
by inv-pyramid | 2010-08-18 07:02 | 2000年後半