人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

[春日井&愛知編] 「全人類トーストマスターズ」

3月12日(日)、犬山観光センターフロイデにて、全日本論評コンテストとディベート大会が開催された。論評コンテストが愛知、ディベート大会が春日井クラブの運営であった。私はディベート大会で熊本の嶋村氏とペアを組むことになっていたので、名古屋から犬山まで名鉄線で移動する間、嶋村氏と打ち合わせをしていた。前の晩は飲み会で疲れていたこともあり、考える余裕すらなかったが、一晩寝たらすっきりしてディベートのアイディアが色々と浮かんできた。嶋村氏とは立論、尋問などの担当分けをし、後は出たとこ勝負ということにした。

犬山観光センターフロイデは、犬山駅から歩いてすぐの所にある会議室やホールを備えた施設で、名古屋地区のクラブがよく利用する施設である。私は6月のエリア4コンテスト以来2度目の来訪で、道順もよく覚えていた。センターに行く前に嶋村氏と別れて駅前のコンビ二で小道具を仕入れた。マジックや両面テープなどである。当初は考えていなかった視覚器材を用いることを思いつき、図を描くことにした。

午前中にまず論評コンテストが行われた。キルバラニガバナーの開会挨拶、東海クラブの浪川審査委員長の審査基準等説明に続いて、春日井クラブ嶋田氏によるテストスピーチが始まった。題は「全人類トーストマスターズ」。トーストマスターズの現状と将来をプロジェクター映像を見せながら熱っぽく説かれていた。当時最も先鋭的なトーストマスターだった嶋田氏らしいプレゼンで、えっ、これがテストスピーチ?という気もしたが、聞いている分にはもちろん楽しめる内容であった。嶋田氏は工業高校の先生ということもあり、スピーチのみならず電気的な小道具の開発もお手の物であったが、この会では特にプロジェクターの使い方が画期的だった。プロジェクターを2台使い、一つは自分の説明用、もう一つは会場の後ろに映し出して、パソコンでプログラムを組んだタイマーを映し出すというものであった。嶋田ワールド全開という感じだった。
b0108857_1249180.jpg

出場者は7名だったが、論評者泣かせのスピーチで論評は難しい気がした。私の所属クラブからは江戸から三村氏、武蔵から小島氏が出場されたが、それぞれ2位、3位と大健闘であった。1位には知性溢れる論評で東海の土屋氏が輝いた。
b0108857_16485411.jpg

昼食はコンテスト会場の隣室でポットラック形式で行われ、この場を利用して東海クラブのチャーターセレモニーが行われた。キルパラニ氏より会長の加藤氏にチャーター証書が手渡され、コンテスト参加者全員でチャーターを祝った。
[PR]
by inv-pyramid | 2009-01-03 02:46 | 2000年前半