人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2008年 01月 13日 ( 2 )

[さくら編] 役員になる人、ならない人

例年5月から6月という時期は次期役員選出の季節である。TM憲章では役員選挙は5月の第1例会と定められているものの、これに沿っているクラブは少なく、特に人数の少ないクラブでは6月末になっても決まっていないという事例も多々ある。

さくらクラブの場合、エリアコンテスト運営以降はまた参加者が増えだして、人選には困らないように見えたが、5月の例会でその話が出だし、候補者選びが始まると表情が曇り出す人も見受けられた。ただ参加するだけならよいが、役員になるのは話が別、と考えるのがまずは一般的な反応だろう。候補者として名前が挙がっただけで、次の例会から来なくなるという極端な方もいた。

さくらの場合、結局次期役員が決まったのは6月23日の年度末最後の例会で、会長には私と同時期に入会していた斉藤氏、教育副会長には今期会長の梶谷氏が選出された。私は会場係を受け持った。私としては江戸や武蔵でも役員をしているので本当ならこれ以上の負担は避けたかったのだが、引き受け手がいないということと、正式に千駄ヶ谷社教館を正会場にすれば、江戸と同じになってむしろやり易いと考え、引き受けることにした。ただ、社教館のロッカーの抽選には惜しくも補欠当選となり、次年度はまだ毎回荷物運びをすることになった。

斉藤氏は当時まだ20代のカナダからの帰国子女で、クラブ会員としても歴代会長としても最年少、キャラクター的にも型に嵌らないユニークな存在で、クラブの雰囲気を変える可能性を秘めていた。実際にはその型破りな所が後々の問題を起こす発端にもなってしまうのだが、この頃はマスコット的な立場に収まっていて、クラブの雰囲気作りに一役買っていた。

クラブ役員というものは短期間で決まるものではないので、円満に決めるためにはそれなりの準備期間が必要である。人数の多い少ないも実際にはあまり関係なく、人数が多くても諸般の事情で人選が難航することもある。ただトーストマスターズのような自主運営の組織では、会員一人一人の自主性が全てなので、一人一人の参加がクラブ運営を成立させているということを、もっと認識する必要があるだろう。
[PR]
by inv-pyramid | 2008-01-13 18:51 | 1999年前半

[江戸編] コンテスト運営か、クラブ運営か

1998-1999年度の総会には、江戸からは私と次期会長の田中氏、常石氏が出席していた。総会でやることといえば、年次の活動報告と次年度の役員決定、コンテストの振り分け、エリア編成の問題などが相場であるが、中でもこの頃はまだクラブ数が少ないこともあり、各コンテストの運営クラブを決めることが一つのハイライトであった。現在の様な勝ち上がりシステムは、英語のスピーチコンテストのみであったので、総クラブ数の半数が運営クラブに決まれば、残りのクラブはコンテスト運営を担当しなくてもよかった。現在の様にコンテスト運営によるクラブの疲弊はまだそれほど顕著ではなかった。むしろ、コンテストを運営することが一つのステイタスになると考えるクラブの方が多かったように思う。そのため、一つのコンテストに複数のクラブが立候補した場合は、くじ引きで決めたり、共催にしたり、協議してどちらかが降りたりといった感じで、各クラブの思惑も絡んで、時間が長引くこともしばしばであった。

日本語クラブの場合、次年度は武蔵と東海がチャーターすることを念頭に置いて、この両クラブがコンテストを運営することが前提としてあった。江戸は田中次期会長との事前の申し合わせにより、次年度はコンテストの運営は担当せず、停滞期にあるクラブの立て直しに主眼を置くことにしていた。ただコンテストを運営しないことでクラブの立て直しが図れるかどうかは不明であった。前にも述べた通り、積極策を取るか、消極策を取るかの問題である。この翌年度は一転して、コンテスト運営を取って積極策に転じるわけだから、毎年のこととは言え、コンテストを運営するかしないかの選択はクラブの運営に大きく関わる。

次年度はJTCとしての最後の年度であった。日本語クラブのイベント運営は、

 ・テーブルトピックスコンテスト:武蔵
 ・ビデオテープスピーチコンテスト:東京バイリンガル
 ・論評ワークショップ&コンテスト:愛知
 ・ディベートワークショップ&コンテスト:春日井
 ・ユーモアスピーチコンテスト:はま
 ・スピーチコンテスト:名古屋

と振り分けられた。JTCから準ディストリクトへと昇格する年度ということで、この他にもイベントが目白押しとなった。とりわけ年末に台湾訪問ツアーが組まれたことは、その後の日台交流を加速させるものとして特筆すべきもので、両国のメンバーの往来が活発になる年度ともなった。

JTC時代には年間の特別功労者に送られる奥野記念賞(現在の Outstanding Toastmaster of the Year=最も活躍したトーストマスター賞)というものがあり、この年度は稲継氏が受賞された。稲継氏はTMの広報活動としてのホームページの整備、運用に尽力されていて、各クラブのホームページ作成のサポートもされていた。新クラブの立ち上げにも積極的で、次年度にはイースト神戸クラブをチャーターさせている。私にとっては複数クラブ立ち上げの先生とも言える方であった。

次年度のJTCガバナーには東京クラブのキルパラニ氏、教育訓練担当副ガバナーには関東クラブのストロガノフ氏と東海クラブの浪川氏が就任された。日本語のできる方がガバナーに就任されたことが日本語クラブにとっては明るい材料となった。
[PR]
by inv-pyramid | 2008-01-13 12:52 | 1999年前半