人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2007年 07月 01日 ( 4 )

[武蔵編] 夜明け前

話が前後するが、合同例会が行われた後の9月24日、3回目の準備会が行われた。今回は最初の準備会からの3人に加えて、はまクラブの山下氏がはるばる横須賀から駆けつけて来られた。合同例会での宣伝で新たな日本語クラブの設立に興味を持つ人が増えたのだ。10月に開催予定のデモ例会へ向けての最後の詰めの準備会であった。

3回目の議題はデモ例会の内容をどうするかということと、広報活動をどう広げるかということに焦点が置かれた。デモ例会の司会は梅本氏が行うことが既に内定済みで、テーブルトピックスが小原、スピーチがヴォート、山下の2名というところまでがこの時点で決められた。私はデモ例会がどのように行われるかなどまったく初めてのことなので、準備は梅本氏に完全にお任せであった。ただ順序としてはマニュアル通りで、例会のデモを行った後に、クラブの入会案内を行うことをみんなで確認した。またスポンサークラブを江戸クラブ、埼玉クラブ、スポンサーを大嶋R氏、渡邊氏、メンターをパイザー氏へ依頼することが既に決まっていた。

追い込みの広報活動としては、広報用のチラシを英語版をヴォート氏、日本語版を梅本氏が新たに作成し、武蔵浦和や川口駅前でのビラ配りも行われた。私もチラシを駅のスタンドに置いたりした。そしてデモ例会前日の10月10日付け毎日新聞朝刊の地域版には、梅本氏とヴォート氏の写真入りのデモ例会の案内記事が掲載された。新聞記者の手による記事はTMの活動内容が簡潔にまとめられていた。ここまではほぼ準備万端、後は翌日のデモ例会本番を待つばかりであった。
b0108857_19541737.jpg

[PR]
by inv-pyramid | 2007-07-01 19:46 | 1998年

[さくら編] 居心地

さくらクラブに入会したのは、3回の見学を経た後の9月9日の例会でのことである。既に高田馬場は引き払い、東京ウィメンズプラザを新たな拠点としていた。英語クラブにも関わらず入会を決意したのはその居心地の良さに他ならなかった。現在までに参加した延べ9クラブの中でどこが最も居心地が良かったかと訪ねられれば、迷わずにさくらクラブと答えるだろう。初めて見学に訪れた時のクラブの印象というのはそれほど重要なのだ。例会の雰囲気が暗かったり、偏屈な人がいたり、スピーチが面白くなかったりするだけで見学者は2度と来ない。ゲストを笑顔で暖かく迎えるということはとても基本的で大切なことである。

ではどんな所に居心地の良さを感じたのかと言えば、それはやはり自分と同年代の人が大勢いたから、というのが最大の理由のような気がする。当時のさくらクラブには極端に年配の人はおらず、30代から40代の人がほとんどで、内半数程度が女性であった。私は別に仲良しクラブを求めていたわけではないが、同年代で価値観が共有できる仲間が大勢いれば、話も弾むし打ち解け易い。江戸や東京バイリンガルで異業種、異文化、世代間交流のただ中に身を置いていただけに、自分と同世代の仲間を何処かで求めていたのかも知れなかった。英語はあまり出来なかったものの、2次会での会話は大いに弾んだ。

会場を公共の会場に移したことで、9月から会費も一気に引き下げられ、半年6000円という標準額に見直されたことも大きかった。されに重籍会員については2割引が適用された。人数的にも毎回15名程度の参加があり、適度な規模のクラブになっていた。
[PR]
by inv-pyramid | 2007-07-01 18:46 | 1998年

[江戸編] 千駄ヶ谷で会いましょう

9月19日(土)には千駄ヶ谷社教館で合同例会が行われた。例年8月か9月に横浜で行われていた江戸とはまの合同例会だったが、この年ははまの太田会長との事前打ち合わせで、たまには東京でやりましょうという話になり、千駄ヶ谷社教館での開催となった。首都圏の日本語クラブによる合同例会という位置づけとし、東京バイリンガルの他、設立準備中の武蔵にも声をかけた。

参加者は総勢30名弱というところで、会場は社教館の大会議室を使った。司会は大嶋R氏。ちょっといい話を武蔵のヴォート氏が少しひねりを加えた「桃太郎」で行った。テーブルトピックははまの清水氏が司会で5名に出題、この時5人目の話し手となったのが、後に江戸に入会され私が江戸を退会した以降の一頃まで最古参メンバーとして残っていた細川氏で、この時がゲストとしての初参加だった。この頃はまだ筑波在住で平日の例会には参加できないので、たまたま合同例会が土曜に行われるということでお誘いしたのだった。

スピーチは東(はま)、三村(江戸)、梅本(武蔵)、庄司(江戸)という実力派揃いで、特にはまクラブ東氏の「海」という題で行われたスピーチは、身振りで示せで行われたことも相まって迫力満点で、後に数々のコンテストで入賞を果たされたのも頷けるものであった。ちなみに私は東氏と一緒に出場したコンテストではいつも東氏の後塵を拝する有様だった(東氏2位、私3位など)。もちろんこの時も最優秀スピーカーに選ばれた。

2次会はこの頃はもう定番となっていた猪八戒で行われた。この時はちょうどJTC広報担当の渡邊氏も参加されていて、2次会の席で梅本氏ともども武蔵の広報用チラシを浦和近隣の各団体へ郵送するための準備作業をされていた。渡邊氏は後に武蔵のスポンサーになり、また武蔵会員にもなって初期武蔵の広報に一役買っていた。千駄ヶ谷ではまとの合同例会が行われたのは後にも先にもこの一度きりであった。
[PR]
by inv-pyramid | 2007-07-01 06:09 | 1998年

[江戸編] 触発

会長職を受けたこの年度は、同時多発的に色々なことに取り組み始めたのは既に述べた通りである。英語クラブへの参加、新クラブ設立への参加、自分の在住地ではない地域活動への参加。それは色々な人と接することによって触発され、自分に磨きをかけるという欲もあったが、同時に多くの人と交流し、クラブを行き来することによって江戸クラブの活性化に繋げたい、という気持ちが働いていたのもまた事実でる。特に合同例会やコンテストの開催などでは、他クラブの人たちと顔見知りになっておくということは重要で、知り合いになっておけば役割の依頼などもし易いものである。

7月下旬に私は大嶋R氏のお供で、田園都市クラブを訪問した。田園都市クラブには前から興味があり、大嶋R氏がガバナーとしてクラブ訪問するということ、またこの少し前に同クラブの岡田氏が江戸クラブにゲスト参加され、7月から会長職につくのでよろしくということだったので、私も同じ会長職として表敬訪問することにしたのだった。

田園都市クラブは東京クラブの斎藤氏が立ち上げた英語クラブで田園都市線の市ヶ尾駅近くの青葉国際交流ラウンジという場所で例会を行っていた。田園都市線沿線ということで郊外の主婦層が中心のクラブということを聞いていたが、果たしてその通りで主婦層と普段は都内へ通勤しているのだろう男性陣が多数を占めていた。田園都市クラブはこの年度、湘南クラブと合同で藤沢で全日本スピーチコンテストを運営することが決まっており、例会からもその勢いが感じられた。私が特に注目したのは入会式で、この日はIT企業会社員で若手の小左見氏の入会式が行われていたが、入会宣誓の後、クラブメンバー全員が列をなして入会者と握手を交わしていたのが新鮮だった。私は入会式自体を見ることが初めてだったので、これが正式の入会式なのか、と少し感銘を覚えた。マニュアルでは握手については特に明記されていないことが後日判明したが、この時の印象は鮮烈で、後に日本語クラブでは初めて響クラブでこのやり方を採用した。

さらに例会の後一部有志が残って、斎藤氏が用意した英字新聞の切り抜きを参加者全員が輪読していた。英語クラブはやはり英語の勉強会なんだな、という印象を強く持ったが、ゲストながら私も参加を促され、英文を読み上げた。この後さらに近くの喫茶店での2次会まで付き合って、彼らの日本語クラブへの印象なども拝聴した。

田園都市クラブへはこの後もう一度、湘南クラブとの合同例会の折りに参加したが、雰囲気的に似ている両クラブの合同例会は郊外の英語クラブの香りが濃厚で、緩やかな時間の過ごし方が平日夜のクラブと対照的だと思った。
[PR]
by inv-pyramid | 2007-07-01 04:58 | 1998年