人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2006年 09月 17日 ( 1 )

スピーチコンテスト初挑戦

1995年6月6日の第143回例会では、全日本スピーチコンテストのクラブ内予選が行われた。最近はインハウスコンテストなどと呼ばれることが多くなってきたが、この頃はクラブ内予選という呼び方が一般的だった。インハウスコンテストという呼び方は英語クラブからの影響だろうが、TMのマニュアルにはインハウスコンテストという呼称は実はどこにもない。正しくはスピーチコンテストのクラブレベル、もしくはクラブスピーチコンテストである。日本語クラブなのだから、せめて日本語らしく呼び習わしたいものである。

それはさておき、私はこのクラブ内予選に初出場した。私はこの時点までにでちょうど6回のスピーチを終えていた。ただこの頃は日本がまだ正式なTMの一地区ではなかったこともあり、日本語クラブでは基本マニュアルを4まで終えていればよかった。予選への出場者は4名で、私のスピーチは「雪山の掟」なる題の山ネタ。ピッケルなどの小道具を使って、山での遭難体験を話した。優勝は唯一の女性出場者の田辺氏で題が「戦争と平和」。一部の審査委員の話では私のスピーチが1位という声もあったようではあるが、まだまだ上手な方が多く、毎年の様に全国大会へ出場するようになるのはまだ先の話だった。
[PR]
by inv-pyramid | 2006-09-17 00:26 | 1995年