人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[さくら編] 疲れても例会

江戸クラブ例会の翌日がさくらクラブの例会であった。この週は、江戸、さくら、武蔵と例会が続いていた。台湾から帰ったばかりではあったが、土産の持参の他、今夜のトーストマスターでもあったので、疲れていても参加しないわけにはいかなかった。ただ訪台中は例会の準備などできなかったので、プログラムはメールの内容をそのままプリントアウトしただけで済ませた。

この回は久しぶりの有楽町例会で、人数も多く多数のゲスト参加があった。特に何の前触れもなく湘南クラブの大町氏が来られたのには驚いた。この頃はまだそれほど面識があるわけでもなく、挨拶をする程度だったが、台湾土産のピンバッジは会員、ゲスト関係なくその場にいた人全員に渡したので、大町氏にも差し上げた所、"Thank you" と返事を頂いた。大町氏はこの頃はJTCの書記で、児玉氏がエリアガバナーをされていたので、児玉氏に用事があるようだった。

例会のテーマは台湾レポートのつもりだったが、今回の台湾訪問自体が日本語クラブ中心での企画だったので、私が台湾の話をしても、そんな企画があったの、という感じで少々拍子抜けした。日台交流自体がまだ黎明期であった。
[PR]
by inv-pyramid | 2008-06-22 21:05 | 1999年後半