人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[台湾編] 法螺吹き後は水で乾杯!?・12月4日(その3)

コンテストスピーチ後は一旦30分の休憩に入った。ここで審査団が審査に入った。審査員は台湾3名、日本2名。休憩後はまず審査員一人一人の講評。その後結果発表の前に、余興として詩吟の披露が行われた。台湾の方は歌がお好きなようで、例会の中にも歌のセッションがあったりするのだが、中でも詩吟は詩吟だけの集まりを持つほど愛好者が多いようだった。
b0108857_0161815.jpg

詩吟の後、台湾のガバナーと日本のガバナーがそれぞれ挨拶。日本側は副ガバナーとして大嶋団長が挨拶に立った。そして表彰。表彰後、日本の訪問団メンバー一人一人に台湾オリジナルのミニバナーが手渡され、一人ずつ記念写真を撮り、最後に集合写真を撮ってコンテストは閉会した。
b0108857_016463.jpg

この後、場所を仁愛福華飯店というレストランに移して懇親会となるのだが、バイキング形式のこの懇親会は何とノンアルコールであった。飲み物は水のみ。台湾の人にとってバイキングとは食事を楽しむもので、酒などは飲まないのだという。そのため、食べ物は色々なものが楽しめたが、飲み物はひたすら水のみであった。お茶すらないのだ。これがこの日最大のカルチャーショックだった。
b0108857_017934.jpg

高雄から移動したこの日、懇親会後ようやくホテルへチェックインしたものの、大嶋団長を始めとして酒無しの宴は物足りなかったという声多し、一旦部屋へ荷物を置いてすぐロビーに全員集合し、近くの茶店へ繰り出した。ここでお茶グループとお酒グループに別れ、ようやくこの日も長い1日が終了したのである。
[PR]
by inv-pyramid | 2008-04-30 01:02 | 1999年後半