人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[台湾編] 高雄から台北へ・12月4日(その1)

台南での心温まるひとときもつかの間、慌しく高雄のホテルに戻った時はぐったりしていた。早朝に自宅を出て、台湾へ飛び、夜遅くまでTMの活動に興じていたのだ。長い1日だった。

翌日は早朝の出発だというのに、のんびりしてホテルをチェックアウトしたのは一番最後になってしまった。今回のツアーはオーダーメイドで、我々のTM訪問先に合わせて、国内の移動に関しては旅行会社に任せてあった。現地のガイドが高雄から台北までお世話してくれるのである。だから移動に関しては時間厳守であった。2日目はまず高雄から台北まで飛行機で移動することになっていた。バスで空港まで行くのだが、団体ツアーのお約束で途中土産物店へ立ち寄りとなった。ここで1時間ほど時間を潰して飛行機に乗る。台北へは午前中に着いた。

台北といっても空港は桃園よりにあるため、空港から台北市内へはバスで1時間弱の移動になった。市内到着後は台湾流の食べ放題レストランで昼食の予定だったが、開店まで時間があるとのここで、市内をぶらつく。近くに寺院があったのでみんなで見学に出掛けた。
b0108857_9155396.jpg

レストランはバイキング形式で、基本的にはまず台湾風シャブシャブがテーブルにセッティングしてあるのだが、レストラン内に屋台形式で様々な出店が出ており、そこで自分の好きなものを選んで食べるというスタイル。4日間の台湾ツアーの中ではこの日の昼食が最も印象に残っている。色々と食べ過ぎてしまった。

満腹になったところで、この日の主会場である台北市内の大学の講堂へ向かった。ここで、日本語のほら吹きコンテストが行われるのだ。日本語のほら吹きコンテストは日本ではこの時点まで開催されたことがなかった。だから我々にとっては初体験となるもので興味津々であった。
b0108857_9161179.jpg

[PR]
by inv-pyramid | 2008-04-25 12:55 | 1999年後半