人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[武蔵編] 継ぐのは誰か

チャーターセレモニーの前から会長のパイザー氏は例会に来なくなっていた。元々東京バイリンガルを辞めて背水の陣で目黒から武蔵浦和に通っていたという事情に加えて、自分のデザイン事務所を構えて独立したところでもあった。人も雇い入れたので、今後は自分のビジネスに邁進したいとのことであった。パイザー氏の武蔵に対する貢献度は高く、他の誰もが退会を惜んだ。

そのような事情で、しばらくは私が会長代行を務めていた。それまでの私の役割は会員担当副会長であったが、教育担当副会長のスギモト氏も同じような理由でクラブには来なくなっていたので、3番手の私にお鉢が回ってきたのだ。パイザー氏はチャーターセレモニーの際に「次の会長は小原さんしかいないよ」と私に言った。その言葉を受けて私も会長職を受けることにした。ただ、時期が11月だったので、年内は代行とし、新年1月から正式に会長になることにした。この時期は他に会計の陳氏も仕事の関係で例会に参加できなくなっていたので、会計も代行していた。新しい会員の方も増えてきたので、役員全て1月から刷新することにした。年内はとりあえずチャーターの余韻に浸るのみであった。
[PR]
by inv-pyramid | 2008-04-14 12:55 | 1999年後半