人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[武蔵編] 念願の日を迎えて

武蔵クラブが正式なトーストマスターズクラブとして認定、つまりチャーターされたのは1999年10月13日である。第1回の準備会が行われたのが1998年8月、第1回の例会が行われたのが同年10月であるから、チャーターまで丸1年かかった。最初の半年間は泣かず飛ばずで、その後徐々に風向きが変わり始めて入会者が増えだし、チャーターに至った経緯を振り返ると、最初から関わった者としては感慨深いものがあった。

特に発起人である梅本氏の情熱とTMのクラブ設立マニュアルに忠実なクラブ作りには学ぶ所が多かった。それでも当時は現在と比べて英語力にも乏しく、マニュアル類も正直な所読みきれていない部分も多かった。「学ぶ所が多かった」、とは今だからこそ言えることである。武蔵がチャーターした頃は、まだ自分がクラブ作りをすることになるとは夢にも思っていない。ただ、触発されたことだけは確かである。

既に武蔵はこの年の日本語のテーブルトピックスコンテストを開催することになっており、チャーターしたことでコンテストの日に認証式であるチャーターセレモニーを行うことも正式に決定した。チャーターした日の翌日が第24回例会で、早速クラブの予選会が行われた。優勝は9月に入会されたばかりの田口氏であったが、当日は参加できないとのことで、3位の佐藤氏が出場者に選ばれた。

翌週にはさいたま国際フェアへの参加が控えており、チャーターした喜びに浸るのも束の間であった。
[PR]
by inv-pyramid | 2008-03-20 19:52 | 1999年後半