人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[武蔵編] 埼玉新聞の取材を受ける

8月の例会はお盆休みを避けて5日の第1木曜に開催された。第20回となるこの回には、埼玉新聞の記者が取材に来るということが知らされていた。武蔵としては立ち上げ時に次いで2度目の新聞社の取材である。今回の取材は、埼玉新聞の長年の読者であった近藤氏の働きかけにより実現に漕ぎ着けたものであった。

唯一の懸念は、8月ということで参加者が少ないことが予想されたことである。案の定当日は記者の方を含めて9名という状況だったが、パイザー会長を始めとして、スギモト、梅本、川上、近藤、佐藤などの主要メンバーが揃っていたので、例会自体はいつも通りに進めることができた。今夜のトーストマスターは佐藤氏が努め、テーブルトピックが私、スピーチは入会したばかりの今井氏、川上氏、近藤氏の3名が行った。アイスブレーカーを含めて3つの異なるスピーチを披露することができたのが、トーストマスターをアピールするという点ではよかった。

例会後、記者の方は主に女性、外国人を中心にインタビューを行っていた。新聞記事とした場合はその方がやはり受けるのだろう。淡々と取材されていたので、少し寂しい印象を持たれたかな、と思っていたのだが、後日掲載された記事を読んでその思いは払拭された。例会内容、トーストマスターズのことが的確に紹介されていたからだ。
b0108857_17424233.jpg

地方紙のためか扱いは大きめで、発起人である梅本氏の想いやテーブルトピック、スピーチ、論評のシステム、さらには当日のスピーチの内容にまで触れていて、申し分のない出来であった。

地方紙なので、どれ位の人にアピールできたのかは不明だったが、反響は少なからずあった。新聞記事掲載以降の例会では、埼玉新聞を見てきたという見学者の方が複数名あり、9月には5名の入会者を迎え、ついに念願のチャーターを果たすことになった。
[PR]
by inv-pyramid | 2008-03-20 17:42 | 1999年後半