人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[江戸編] 転回、そして転落へ

7月6日の第231回例会で新年度が幕を上げた。新役員就任式を経て、会長は私から田中氏へとバトンタッチした。はまクラブや横浜クラブでの活躍を経て江戸へ移籍した田中氏なので、江戸の会長としても申し分ないと思われたが、今思えばそれが落とし穴でもあった。この回は私がプログラムの準備をし、田中氏が今夜のトーストマスターを務め、例会テーマを「江戸クラブ転回!」としていたのだが、後々の経緯を考えると転落への序章、と言えなくもなかった。今までに何度も述べたが、この年度は会長が2回交代した波乱の年度なのだ。日本がJTCからディストリクト76Pへと昇格する記念すべき年度の陰で、江戸クラブは2度に渡る会長交代劇を迎えるというのも皮肉なものであった。まさに盛者必衰であった。

長らく古参会員として江戸の入会順名簿のトップを飾っていた大嶋R氏は既に退会を表明し(但し会員権は残したままだったので実は休会)、事実上私が最古参となっていた。江戸の会員がほとんど全て入れ替わったわけである。江戸クラブは今年で創立20周年を迎えるが、10年以上会員権を保持している会員は一人もいない。江戸クラブという器は20年に渡って存在するものの、中身はすっかり別物ということ。ただそこにトーストマスターズの理念が連綿と受け継がれているからこそ、長きに渡り続いているのだろう。ちなみに第231回例会プログラムのメモの中に、小俣Y氏の名前があった。ちょうどこの回が初ゲスト参加で、以降断続的に参加され、一時途切れたものの最近また復帰されている。この様な方もいるという所に、20年の継続の重みを感じることもできる。

その長い歴史の中での、最初のどん底がこの年度に来たのは、何かの因縁だろうか。時に西暦1999年7月、江戸クラブの転落への緩やかな第一歩が始まろうとしていた。
[PR]
by inv-pyramid | 2008-01-28 19:07 | 1999年後半