人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[湘南&田園都市編] 成功例としてのAJSC(その2)

湘南クラブと田園都市クラブの合同例会は11月14日に、田園都市クラブの例会場である青葉国際交流ラウンジで行われた。私は完全な部外者だったが、田園都市クラブとしては2度目の訪問ということもあり、私の事を覚えていてくれた方もいらしたので安堵した。両クラブは雰囲気的に似た所があり、合同例会に参加しただけではクラブの差異は掴めなかった。この合同例会に参加されていた方々とは因縁浅からず、後に色々な所で協力して頂いたり、活動を共にした。湘南では、岡本、五十嵐、大町、諏訪、田辺、矢野、谷岡らの各氏であり、田園都市ではフィッシャー、斎藤氏らである。湘南の方が多いというのも何かの縁だろう。個人的にはかつて茅ヶ崎に住んでいたこともあるので、藤沢辺りは馴染みがあった。2次会も参加したが、この時点では一人一人とはそれほど話す機会はなかった。やはり顔だけでも出しておくということが重要なのだ。

正式なAJSCの案内は、翌年の2月に各クラブに送られた。岡本氏と岡崎氏の直筆による連署で送られた案内状は、私にとってはコンテスト案内状の見本とも言うべきもので、私が運営主体になった時のコンテスト案内状は、この案内状の書式をそのまま流用させて頂いている。国際本部発行のコンテスト運営ガイドはあるが、運営サイドが本当に知りたい細かい部分はやはり過去の例を参考にする他はない。学ぶべき所が多かったのが私にとってはこのAJSCであった。

4月になって案内の第二報が同様の書式で届いた。第二報では参加申し込み書や会場案内図などが同封されており、また基調講演として、この直近に「欧米流スピーチのすすめ」と題された本(日本語)を執筆された、TMメンバーでもあるGハリス氏を招待することが紹介されていた。
b0108857_17514740.jpg

実はこの案内と前後するかのように、3月にハリス氏から直接私の所へこの著作が届けられた。AJSCとの関連、各クラブ会長宛てに送られたのかなどは一切不明で、送付状には私の名前がタイピングしてあった。恐らくは各クラブへ一冊ずつ贈呈されたものだと思う。送付状によれば、ハリス氏はブレックファストクラブの創立メンバーで当時はATM。この著作はタレントの生島ヒロシ氏との共著で、「日本人がスピーチべたなのは特別な練習をしたことがないから」という前提の下で、欧米流スピーチ術、つまりTMでやっているようなことを手ほどきした内容だった。生島氏は実際にTM例会を訪問されていて、その時の体験も反映されている。本著のある章でも、「トーストマスターズ エキスパートへの道」と題されて、TMのプログラムの紹介がされている。

これは余談だが、本著のある章で「触れてはいけないタブー」ということで、ハリス氏が「国際社会では特に政治、宗教、民族、人種、セックスに関する話題は避けるべきでしょう。(中略)私が全日本ユーモアスピーチコンテストの主任ジャッジを頼まれたときの経験ですが、日本人スピーカーの半数以上がトイレ及び下半身に関してのスピーチでした。外国人聴衆はみなびっくりしていました」という下りがあった。スピーチに関するタブーについてTMのマニュアルのどこかに書いてなかったかとつい最近まで調べていたのだが、この本に書かれていたのか、と今改めて思った次第である。

本著は各クラブ例会でも盛んに取り上げられていて、この本を読んで見学に来た、というゲストの方もこの頃は結構いた。本の影響力というのは流石である。ハリス氏に実際にお目にかかるのは2ヵ月後のことであった。
[PR]
by inv-pyramid | 2007-12-30 17:20 | 1999年前半