人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[江戸編] 料理室で納会

6月に入り、私の江戸会長の任期も残りわずかとなった。4月以降新たな会員を迎えて一時的に盛り返したかに見えたが、同時に退会者も多数出ることになり、差し引きゼロという感じだった。この時期は英語クラブからの入会者が多く、東京から榊原、川崎氏、関東から小俣氏、それに八王子で武蔵の滑川氏と英語の会で一緒に活動しているという近松氏の入会などがあった。コンテストなどを通じて交流の機会が増えたことによる効果であった。

1日の第229回例会では次期役員の発表があり、次期会長には田中氏が選出されることになった。私は教育担当で役員会に残留、榊原氏が会員担当、池田氏が広報担当で、書記:常石、会計:蓑田、会場:砂川という布陣になった。但し、この陣容は長くは続かず、江戸クラブ存亡の最大の危機を迎えることになる。これについてはまた後述したい。

続く15日の第230回は年度末最後の例会ということで、初の試みとして料理室で実際に料理を作り、納会を行うことになった。納会といえば普通は年末に行うものだが、TMの年末は6月ということで、少し意図的かつ実験的な要素も含めて納会をやってみたいと思っていた。また個人的には上級マニュアルの食後のスピーチを行う目的もあった。スピーチクラブが料理室を使うことに関しては、会場予約の際に「食事をしながらのスピーチの練習のため」という口実を設けていた。それは別に偽りではないので、気にすることはなかったが、料理室で本当に料理をするのは初めてだったので、器具の使い方やゴミなどの後始末などには気を遣った。

料理については私が3品を作った他、池田氏や川崎氏などの料理自慢の会員が自作を披露した。肝心のスピーチは「恩人」という題で、私がこれまでにお世話になった方々に謝辞を述べるという内容で行った。料理を作りながら、そして食べながらの例会ということで多少まごつきながらの進行だったが、余興もあり楽しんで行えたのが良かった。これ以後数年間、6月の納会はこのスタイルが維持された。

また前回とこの回を持って、大嶋R、野島、パイザーM、川崎の各氏が退会されることになり、一つの終止符が打たれようとしていた。
[PR]
by inv-pyramid | 2007-12-16 23:01 | 1999年前半