人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[名古屋編] エリア4論評&スピーチコンテスト(後編)

昼食を挟んで午後からはスピーチコンテスト。論評コンテストと同じく各クラブから2名ずつ8名の出場者での競い合いとなった。女性陣の活躍が特に目覚しく、優勝は職場におけるセクハラなどの問題を扱った東海クラブの加藤氏。加藤氏はチャーター時の東海クラブ会長を務められ、この後翻訳委員会やディストリクトの役員などを精力的にこなされていった。その出発点がこのコンテストでの優勝であった。またTMと家庭の関係を話されていた関井氏は以前さくらクラブに所属されていたそうで、転勤で名古屋へ来られて名古屋クラブに入られたとのことで、以前のさくらクラブのことなどをお聞きすることができた。やまのてから東海に移られた鎌田氏もそうだが、東京から名古屋に転勤されて、こちらのクラブに入られる方は結構多く、江戸の孫氏や鈴木氏など、これ以降ももそのような方々とお会いすることがあった。
b0108857_18393875.jpg

このコンテストで個人的に気になったのは、舞台正面に飾られていた大会看板で、ビニール地にTMのロゴなどが印刷されていた。国際本部でカタログ販売されているのかな、と思っていたら、名古屋クラブで作ったものだそうな。名古屋地区のコンテストでは使い回されているらしく、以後のコンテストでも何度も見かけた。
b0108857_18394833.jpg

コンテスト後は懇親会まで時間があるとのことで、山中氏と浪川氏に犬山の観光名所を案内していただいた。定番は何と言っても犬山城で、城の展望台からは犬山市内が見下ろせた。懇親会は犬山駅前の魚民で行われ、普段お目にかかることのできない方々と話を咲かせた。この後1,2年間が名古屋詣の最盛期で、名古屋地区の方々とは交流を深めていくことになった。熊本、名古屋と立て続けに訪問したことで、日本語クラブは関東だけで盛り上がっているわけではないことを実感できた。
[PR]
by inv-pyramid | 2007-12-16 18:39 | 1999年前半