人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[熊本編] 熱き熊本の夜

さて、コンテスト会場となった熊本テルサは市中心部よりやや外れた所にあったので、2次会場へ移動するため、まずタクシーに分乗して宿泊先である熊本城近くのホテルへ移動して荷物を降ろした後ロビーに集合し、全員でアーケード街を歩いて、熊本の銀座にある居酒屋「一気」へ向かった。会場には既に先行した熊本、肥後クラブのメンバーと台湾の方々が到着していた。
b0108857_1273323.jpg

乾杯の後、しばし歓談してクラブごとに自己紹介をした。私は名古屋勢の山中氏、ピアース氏、鎌田氏らの近くに座っていたので、主に名古屋勢の近況を尋ねていた。山中氏とは横浜での合同例会以来の再会で、この年はエリア4のガバナーをされており、今回のコンテストでも審査委員長を務められていた。なんでも今回の参加は強行軍で、名古屋~熊本間を往復とも夜行バス利用だという。しかも翌日の名古屋クラブ例会に参加するとのことで、ピアース氏ともども自己紹介が済むと足早に会場を後にされていた。この時得た情報では、6月に名古屋地区の4クラブ合同でのエリアコンテストを企画しているとのことで、私も参加したい旨を伝えた。
b0108857_1274848.jpg

熊本クラブは何年もメンバー構成に変化がなく、その組織だった行動と団結力の深さのようなものはこのコンテストでも感じていた。古参メンバーの津出氏や粟田氏、森口氏や甲斐氏などは以前のコンテストでも顔を合わせていたが、話をするのは今回が初めてだった。聞けば熊本のメンバーは熊本を中心とした周辺地域から参加している方が多く、例会にはほとんどが車で来るとのことだった。よってこのコンテストで我々をエスコートするためにホテルに泊まられている方もいた。

台湾のメンバーも今回の訪日はコンテスト参加だけでなく、九州観光も兼ねているとのことで、小1時間ほどで先に帰られた。残ったメンバーでしばらく飲んだ後、ホテル帰参組と3次会組に分かれて、熊本の有志と関東勢の有志で熊本の銀座へ繰り出して行った。実はこの日はあのトルシエジャパンのサッカーU20W杯の決勝が夜中に行われる予定で、サッカーフリークの東氏や梅本氏は観戦のため先に帰られた。
b0108857_1291736.jpg

3次会終了後はとんこつラーメンで締めようということになり、熊本のメンバーがとんこつラーメンならここ、という店に連れて行ってくれた。本当にラーメンとは思えないあっさりした味は締めにはちょうどよかった。

長く熱い熊本の夜はこうして終わろうとしていた。
[PR]
by inv-pyramid | 2007-10-25 01:28 | 1999年前半