人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[江戸編] 大海(会)へと漕ぎ出した日

1月30日、私は江戸会長として千葉県の葛飾公民館で行われた英語の Tall Tales Contest 1999 に参加した。日本語では、ほら吹きコンテストとして開催されるもので、最近では2005年の秋季コンテストでの開催実績がある。運営クラブはICF千葉クラブと埼玉クラブであった。

私はそれまで英語のみのコンテストには参加したことがなかった。日本語クラブだけの会員としてはそれはほとんど当然のことで、大抵の日本語クラブの会員は英語のみのイベントには興味を持たない。最近ではそれにも幾分変化が見られるものの、大勢としてはあまり変わっていないと思う。私自身はこの頃は英語クラブにも参加していたので、少しは英語イベントに対する抵抗感は減っていたが、この時 Tall Tales Contest に参加したのは、会長の名の下に寄せられる数多の英語イベントのお知らせに対して何らかの形で応えたいと思ったからだ。その中でこのコンテストは自宅から近場だったので、ちょっと覗いてみよう程度の考えで参加した。またこの頃はまだ日本語によるほら吹きコンテストは行われていなかったので、Tall Tales というものがどういうものなのかという興味もあった。

JTC時代のコンテストは、英語に関してはルールブックに記載されているコンテストは1年度の間に全て行われていたが、スピーチコンテスト以外はエリア予選はなく、全日本の名を冠していても実際に集まるのは開催クラブの周辺クラブのみになることが常であった。現在の様な秋と春の2季に色分けされた、クラブからの勝ち上がりシステムではなかった分、まだ大らかさがあったと思う。

この時の Tall Tales Contest への出場者は全10名だったが、いずれも首都圏のクラブからの出場だった。私の知っている方では大嶋T氏やコール氏、さくらの斎藤氏、つくばの根木氏らが出場されていた。圧倒的な鬼気迫る演技でコール氏が優勝された。英語によるほら吹きなので、私などはどの辺が架空の話なのかわからない所もあったが、入賞された方はどの方も視覚的に分かり易いスピーチだったのが印象に残った。
b0108857_1304911.jpg

この年度はこの後にさくらクラブ運営のエリアスピーチコンテストが控えており、また藤沢で行われた英語の全日本スピーチコンテストにも参加するなど、英語イベントへの参加が増えた年である。ただ、会長になっていなければ参加しなかったかも知れない。前にも述べた通り、TMの連絡は全て会長宛に届く。それを生かすも殺すも全ては会長次第なのである。
[PR]
by inv-pyramid | 2007-08-27 01:09 | 1999年前半