人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[武蔵編] 本当の始まり

盛況だった第1回のデモ例会から打って変わって、10月22日木曜19時より武蔵クラブの正規の開催日での例会が始まった。日曜日と平日とではこれほど参加者層に差があるのかと思わせるほど、見事に第1回のデモ例会に参加された方は来なかった。ただ一人佐藤氏という女性の方が引き続き参加されていた。私は軽い失望を覚えた。と当時にこれからが本当の始まりだな、という予感がした。

この日の参加者は計14名で、内過半数が外国人だった。その外国人勢の多数を占めていたのが、北浦和にある文部科学省の日本語国際センターに日本語の研修に来ていた留学生たちで、同センターに武蔵のチラシが置いてあったのを見て来られたとのことだった。武蔵の設立コンセプトの一つは「外国人への恩返し」であるから、外国人が多数参加するという状況は好ましいと言えた。後はいかにトーストマスターに取り込むかであった。

今夜のトーストマスターは私が行った。この日は2回目ということで、マニュアル通りに進めるなら、クラブ役員や規約などを決める段階の集まりであり、まさにその通りの展開となった。テーブルトピックと招待スピーチのみがスピーチプログラムとして行われたが、この日のハイライトは東京バイリンガルクラブのコール氏による「上手に話せなくても良い」というスピーチで、外国人留学生たちにとっては特に励みになる内容でよかった。

スピーチの後、役員選出を行い、最終的にヴォート会長、パイザー教育副会長、小原会員担当副会長、管財接遇梅本、会計陳という顔ぶれが選ばれた。また1回目に引き続き参加された佐藤氏も準備会メンバー以外での新会員第1号となり、成り行き上書記ということになった。広報は後でまた決めることとした。

次の第3回例会でも引き続き留学生メンバーの参加があり、ユスフ氏とイネッサ氏がアイスブレーカーでスピーチをした。ユスフ氏は「トーストマスターズクラブまで歩いてきた道」という、かなり意欲的な題でスピーチをしたが、参加は結局この回止まりであった。この回は埼玉クラブより数名の応援があり、また川上氏という地元の菓子メーカーの会社員の方の参加があった。この川上氏が後に広報担当となり、武蔵のホームページを作ることになった。

このように初期数回は外国人参加者の比率が高かったものの、それを定着させるのはまた別の話であった。
[PR]
by inv-pyramid | 2007-07-08 19:05 | 1998年