人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[東京BL編] 宴の後、或いは前夜祭

雨にたたられた全日本スピーチコンテストの翌日、同じオリセンにてJTCの総会が行われた。この日も朝から雨が降っていた。総会の前に議事運営手順のワークショップが行われていたが、英語で行われており、あまりにも白熱した議論だったので私はてっきり総会が行われていたのだと勘違いしていた。これがいわゆるTMの議事運営手順を生で見た初めての機会であった。曰く、"motion","second"といったかけ声、書記による定足数の確認など、通常のクラブ例会では滅多に見ることのないやりとりが普通に行われていたのを見て、私は少し感銘を覚えた。

続く総会では各報告の後、役員選挙に入ったが、次年度のJTCガバナーには指名委員会候補者の大嶋R氏に対して、対立候補に大町氏が擁立されていた。通常は何事もなければ指名委員会選定の候補者がそのまま信任されるはずで、対立候補が擁立される時というのは、何処かに不協和音があるということだろう。今までに総会レベルで対立候補が出た例としては、2000-2001年度の稲垣氏、2003-2004年度のギボンズ氏が選出された時のケースがある。

この年の総会でなぜ大町氏が対立候補者となったのかとえば、それは一言で言えば日本語クラブからガバナーを輩出するのを阻止せんがためである。日本語クラブが増えた現在でもまだまだ日本語クラブを一段低く見る傾向は根強いが、この頃はそれがもっと顕著であった。総会に出席している日本語クラブの人間などほんの僅かで、我々は後ろの方でただじっと動向を見守るだけであった。東京バイリンガルによる日英同日開催コンテストが成功したその日にでさえ、「我々は(日本語コンテストが終わるまで)耐えてたんだ」というコメントを残す英語クラブの方もいたほどだ。二人の候補者による演説が終わった後投票が行われ、過半数以上の票を集めた大嶋R氏が結局次期ガバナーに選ばれた。大町氏もこの後2度に渡ってガバナーを務められたのだから、この結果は結果的には良かったと今でも思う。

こうして初の日本語クラブからの、しかも女性のガバナーが誕生した。それは同時に江戸クラブにとっても20世紀最後の輝きを放つ前触れとも言えた。
[PR]
by inv-pyramid | 2007-05-30 12:56 | 1998年