人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[江戸編] 除名という局面

以前にも書いたことだが、トーストマスターズは会員制のクラブである。そして会員権については国際本部が定めた「トーストマスターズ憲章」にこと細かく定められている。会員のみならず、役員でもこの内容を正確に把握している人は少ないのではないだろうか。それは一つには普段目にすることがないためもあるかも知れない。何故なら、この憲章はクラブ設立時に本部から送られてくるのみで、以降クラブで書記なりがきちんと保管していない限り、存在すら知らないということにもなりかねないからだ。おまけに英語である。日本語クラブの会員にとっては、存在は知っていても読まないということもあるだろう。私も自分でクラブを立ち上げるまでは恥ずかしながら知らなかった。つまりクラブで、この憲章に対する情報を伝えることを継続して来なかったということである。

この憲章の中で、会員権、特に除名に関しては次のとおり書かれている。

「 Sec.7. 第7項 会費を支払わない、欠席数がある程度以上、あるいはクラブや国際トーストマスターズの定める最低基準を満たさない会員を、クラブは随時、除籍することができる。さらに、(a)クラブの目的に沿わない(b)クラブの活動やプログラムに積極的に貢献しない(c)クラブや国際トーストマスターズが設けた行動規範に反する行為を行った(d)他の適切な理由により、クラブは除名、停止、または会員権の更新を拒否することができる。この規範は国際トーストマスターズ理事会が定め、周知した倫理的、政治的、他の規範を含む。クラブは国際トーストマスターズが定める手続きに従い除名、停止、懲罰を行うことができる。国際トーストマスターズの行動規範に反する会員をクラブが除名せず、国際会長が書面にて要求しても理事会の満足する行動が得られなか
った場合には、国際トーストマスターズはそのクラブを除名することがある。」

最近でも某クラブで除名騒動があったばかりだが、会員のみならずクラブの除名すらも謳っているこの憲章の存在を我々はもっと意識する必要がある。でなければ実際にこれを適用する局面で右往左往することになるだろう。過去には実際に除名になった会員もある。ただその適用については慎重に対応しなければならないとも思う。

間中氏の件ではクラブ内が除名派と擁護派に分かれた。私は擁護派だった。確かにゲストへに対しては一部不適切な内容を含んでいたかも知れないが、それは間中氏にとってもゲストにしても予期せぬ出来事で、除名までする必要はないと思ったからだ。もとよりこのような騒動でクラブの雰囲気がさらに悪くなることを懸念していた。最終的には間中氏から大嶋R氏に対して侘びを入れることで決着がついたが、間中氏はその後消えるように退会した。この頃も既に不定期参加状態だったので、この問題が原因とは思えなかったが後味は悪かった。そしてこの2年後に同様の事件が今度はコンテストスピーチで発生し、大嶋R氏の怒りが再び爆発、完全退会となる。

まさに歴史は繰り返す。過去の教訓は活きないのか。トーストマスターズとは何か。スピーチの上手さを競うばかりでは何の進歩も発展もない、ということに尽きる。上級マニュアルの一つに「対人関係のコミュニケーション」があるが、スピーチを通してこれを学ぶことこそが、TMに参加する意義だと思う。
[PR]
by inv-pyramid | 2007-02-25 09:11 | 1998年