人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

時には大久保界隈で

この年の年末最終例会は、「望年会」と称して大久保界隈の小料理屋「銚子や」で行われた。12月16日のことである。「銚子や」は実は私が見合いをした場所で、その見合いの世話人である私の恩人・I氏の行きつけの店だった。I氏は某大手家電メーカーの営業マンの傍ら趣味で独身男女の集い、早い話がお見合いパーティーを定期的に主催していた人で、私の友人の知り合いであった。私がまだ20代で独身だった頃にこの友人に誘われてこの集いに参加したことがきっかけで私とも交流ができ、何度かこの集まりに参加した。この時の見合い相手もその集まりで知り合った女性だったが、つき合いはこの場限りで終わった。ただ、この「銚子や」の佇まいと店の雰囲気、そして気さくな女将さんが気に入って、私も以後時々訪れるようになっていて、この年の場所探しを任された時に、迷わずここを選んだのである。

ちなみに「望年会」と名づけたのは、この回の今夜のトーストマスターを務めた常石氏で、クリスマスミーティングの呼称が使われなくなったのはこの年からだった。ただプレゼント交換はまだあった。日頃からスピーチにギャグと駄洒落を欠かさなかった常石氏だけあって、例会企画もお座敷トピックと称して、2人1組で片方がスピーチし、もう片方がそれに会わせたゼスチャーをしたり、歌に乗せてのスピーチなど盛りだくさんの内容になった。

この回は翌年3月で大学院を卒業される谷岡氏の送別会も兼ねており、この時期の会場係としてクラブを陰で支えてくれた谷岡氏の労を皆でねぎらった。ゲストでは東京バイリンガルのパイザー会長や翌年から入会することになる佐藤I氏、江戸OBの黄氏なども参加され、狭い座敷が鍋の湯気と共に賑わっていた。年明けに大事件が待ち構えているとも知らずに。
[PR]
by inv-pyramid | 2007-01-22 00:17 | 1997年