人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

虚と実

1997年も半ばとなり、例年のごとく新旧役員の交代の時期が迫ってきた。この頃は毎回4,5人のゲスト参加があり、新会員も続々と入会し、スピーチもアイスブレーカー大会の様な状況になるなど見た目は活況であった。一方でメンバーチェンジも激しく、メンバーシップ的には入れ替えの時期にもあった。例会は定番のメニューをこなすのが精一杯で、特別な行事を挟む余裕はなかった。

そんな中で、会長は田辺氏から庄司氏にバトンタッチした。教育副会長には大嶋R氏が就任した。江戸クラブの大黒柱であり、90年代の江戸クラブのイメージキャラクター的な存在でもあった大嶋R氏のVPE就任は、クラブのテコ入れ的な意味合いもあった。私は会計を拝命した。この頃はまだ国際本部へのお金の支払いは国際郵便為替が主流であった。私にとっては初めての経験でわからないことも多く、前任者に一つ一つ確認しながら始めの内は作業をこなしていた。国際本部の事務処理はお国柄なのか割といい加減な面もあり、登録されたはずの会員の名前が、更新の際に本部から送られてくる名簿になかったりすることもままあった。私もその中の一人で、現在の名簿では1994年入会のところが1996年に入会したことになっている。

広報と会員担当は2名で兼務するという変則的な形になった。これはこの年に入会された池田氏と芦沢氏で対応することになった。池田氏は前述の通り画家でグラフィックデザイナーでもあり、この後クラブ会報はデザイン的にもカラフルなものが発行されるようになった。

傍からすれば活況を呈している様に見えていた江戸クラブであったが、内実はクラブの人間関係と運営を再構築している時期でもあった。
[PR]
by inv-pyramid | 2006-12-31 07:33 | 1997年