人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

所謂トースト婚について

1996年前後はクラブ内結婚、所謂トースト婚の多い年であった。曰く、横浜クラブ1組、はまクラブ1組、そして江戸クラブ1組である。江戸クラブの1組というのは私のことで、9月28日に挙式を行った。他の人の挙式スケジュールを縫うような格好で日取りを決めたので、披露宴は親戚関係と友人関係で分けた。人によっては電撃婚のように思ったことだろう。それまでクラブ内では一言もその話題には触れなかったから。友人関係の披露宴には、当時在籍していた江戸クラブのメンバーは全て招待した。司会は大嶋夫妻。内容もテーブルトピックなどを盛り込み、さながらトーストマスターの例会のような宴になってしまった。

トーストマスターズという一つのクラブの中で知りあって結婚するというのは、本人同士が意気投合しているなら自然な流れだと思う。職場結婚などと同じ流れである。強いて言えばトーストマスターの場合はスピーチを通してお互いに人となりを知ることができることが大きなポイントではないだろうか。

ちなみに江戸クラブではこの時点までに3組のカップルが成立していた。最近では、響クラブ、徳島クラブなどでの例がある。またクラブ間結婚の例としては、リーダーシップと東西の人同士でのゴールインなどの話も聞く。いずれにしても、ここまで漕ぎ着けるにはどこかで一歩を踏み出す必要はあるだろう。それはトーストマスターズで培われた技術を実践する場であるかも知れない。いつの時代でもそれが恋愛の基本なのだから。
[PR]
by inv-pyramid | 2006-11-06 12:54 | 1996年