人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

黒船の襲来

8月6日の第169回例会では、東京バイリンガルクラブから3名のゲストがやってきた。身長2mはあろうかという大男のマッキンタイア氏、バイリンガルクラブの牽引役的存在の町田氏、JTCで会計を務められた節田氏という錚々たるメンバーの来訪は、さながら幕末に江戸を訪れた黒船のようだった。実際に東京バイリンガルのメンバーが江戸を訪れたのは今回が初めてで、少し活動が停滞気味の江戸クラブにとってはいいカンフル剤となった。

この日は他にもJTCガバナーの富田氏や東西クラブの矢浪氏もゲスト参加されていた。富田氏はゲストスピーチ、マッキンタイア氏はゲスト論評、町田氏は文法チェッカーを飛び入りで担当された。特に町田氏の文法チェックは圧巻で、まさに微に入り細に入りといった感じでこと細かくチェックされていた。彼女の手法は以後江戸クラブのスタンダードとなった。この日のベストパフォーマーに選ばれたのも納得であった。

続く9月の例会では論評コンテストが行われたが、この日はまたしても東京バイリンガルクラブから河原崎氏がモデルスピーカーとしてやってきた。河原崎氏はつい最近の代々木での全日本スピーチコンテスト英語の部でも2位入賞の実力派で、この日は「難しい選択」という安楽死の問題を扱った題のスピーチを披露。優勝は大嶋T氏だった。

東京バイリンガルクラブという手強い存在の実力をまざまざと見せ付けられて、江戸クラブの夏の陣は終わった。
[PR]
by inv-pyramid | 2006-10-29 21:53 | 1996年