人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

束の間の安息

7月に入って新年度。新たな会長として田辺氏が就任した。教育副会長に庄司氏、メンバーシップ(会員)副会長には私が選ばれた。年間目標としてはまたもやディベートコンテストの開催運営が組み込まれ、さらに外国人獲得キャンペーンを行う、メンター制度を導入するなどの方針が定められた。

この頃の江戸クラブは女性会員の入会も落ち着き、メンバーにあまり変動もなく、毎回のゲストもちらほらといった程度で、一つの安定期に入っていた。この年の終わり頃からまたメンバーの入れ替わりが激しくなり始めたので、この時期は差し詰め「束の間の安息」とでもいえる状況だった。
[PR]
by inv-pyramid | 2006-10-28 00:42 | 1996年