人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

1996年、トンネルを抜けるとそこは...

1996年はアトランタオリンピックが開催された年である。日本がブラジルを1-0で破ったマイアミの奇跡はまだ記憶に新しい。マラソン有森選手の「自分で自分を褒めてあげたい」というフレーズはトーストマスターでもよく使われた。

私はといえば半分は自分の身勝手な理由で休会中の身だったが、一方では自分にとってもこの1995年後半から1996年にかけての年は色々と記念すべきことがあった年で、自分の人生の中での一つの節目ともなった。

その一つは自分の趣味として取り組んでいた日本百名山を完登したことである。最近では色々と問題が取り沙汰される百名山ではあるが、百の山を登ったことで日本の風土を自分なりに感じ取ることができたことは、自分が生きた証として小さくはなかった。そしてもう一つはこれからの生きる証として人生の伴侶を得たことである。トーストマスターズの活動の中で。自分の中で何かが終わり、何かが始まった年がこの年だった。
[PR]
by inv-pyramid | 2006-10-19 12:53 | 1996年