人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

1995年、阪神淡路大震災、そして...

1995年といえばまず想起されるのが阪神淡路大震災である。トーストマスターズもこの震災とは無関係ではなかった。当時関西にはチャーターを目指していた日本語クラブが一つあった。西宮クラブである。元ディストリクトガバナーの稲継氏も所属していたこのクラブと江戸クラブは、この年の3月に西宮でのディベートコンテストの開催を予定していた。私は大嶋氏や佐藤氏と共にこのイベントの実行委員として、昨年から色々と準備を始めていた。その矢先の事件というか災害がこの阪神淡路大震災だった。この震災の影響で、西宮クラブが押さえていた会場が被災し、西宮クラブ事態も活動を休止する事態に追い込まれた。天変地異を前にしては誰もトーストマスターズどころではない。

協議の結果、ディベートコンテストはディベートワークショップと形を変え、江戸クラブ主体でこの年の4月に千駄ヶ谷社教館で開催されることになった。この件を始まりとして、江戸クラブの流れが少しずつ変わり始めたのがこの1995年という年だった。創立から7年が経とうとしていた。
[PR]
by inv-pyramid | 2006-09-07 23:10 | 1995年