人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

社教館まつり

江戸クラブは1994年当時は既に千駄ヶ谷社会教育館(以下、社教館)で月2回の例会をしていた。社教館というのは、都内の各区に存在する、公民館とはまた違った性格の施設で、区民が自主的に社会教育活動を行うことを支援する施設という位置づけを持っている。貸し会議室が無料というところがポイントだが、これには条件があり、団体登録をし、なおかつ構成員の半数以上がその社教館が存在する区の在住、在勤、在学者でなければならない。ちなみに千駄ヶ谷社教館は渋谷区の施設である。それまで会場を転々としていた江戸クラブがなぜ千駄ヶ谷に拠点を移したのかといえば、それは当時の会員だった中野氏という方が千駄ヶ谷在住だったからだ。

登録団体となったからには、ただ会議室を借りるのではなく、地域活動にも参加して社教館への印象をよくしておく必要がある、という意図があったかどうか定かではないが、当時の江戸クラブは社教館が毎年3月に行っている、「社教館まつり」という登録団体の活動発表の場、つまり文化祭のようなものにも参加していた。

スピーチコンテスト、ディベートと続いてさらに社教館まつりでのデモ例会と、1ヶ月の間に3度も特別な例会を行うことのできるエネルギッシュなものが当時の江戸クラブにはあった。クラブを支える中心メンバーの志の高さ、とでも言うのだろうか。それが私が入会を決める一つの要因になったことは間違いない。後に私が会長になった時、私もまた社教館まつりに参加し、デモ例会を行ったのは、この頃の江戸クラブに対するリスペクトがあったからかも知れない。
[PR]
by inv-pyramid | 2006-06-20 01:12 | 1994年