人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[台湾編] 朝からトップ会談

翌朝はホテルで朝食後、ウーDGとご主人のイエン氏が来訪された。騒がしい宴席ではあまり話ができなかったのだろうか、朝から稲垣DGを交えて会談が始まった。私と山中氏もガバナーということで何故か同席。イエン氏とは昨年、天母クラブでの合同例会で少しだけ言葉を交わし、名刺も頂いていたのだが、流石に私のことは覚えておらず、2枚目の名刺を頂戴することになった。
b0108857_0281191.jpg

この後、観光組と分かれて私は一人空港へと向かった。稲垣DGは私の後の便で帰るとのことだった。

台湾ツアーはこの後毎年の様に組まれているが、私の訪台は前年とこの年で留まっている。それは家庭環境の変化が理由であった。この2度の訪台は、単独で気軽に海外へ行けた頃の良き思い出である。
[PR]
by inv-pyramid | 2010-08-31 00:28 | 2000年後半