人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[台湾編] 桃園での合同例会(その1)

12月2日(土)、ホテルで朝食後、桃園成功クラブの梁氏らが我々を迎えに来られた。車に分乗して合同例会が行なわれる桃園へと向かった。午前中は観光ということで、途中の陶芸の里、鶯歌に寄った。まだ真新しかった陶磁博物館に案内され、展示物を見学した。何故か全員に目印として日本の某自動車会社の帽子が配られた。
b0108857_1175263.jpg

鶯歌からは、当時台湾最大のロックフィルダムと言われた石門ダムを経由した。横幅のあるダムで通行した道路からはダム湖側は見えなかった。石門ダム近くの活魚料理店で昼食となった。
b0108857_1181451.jpg

巨大な生簀で泳ぐ淡水魚を客の前ですくい上げ、それを料理して出すというスタイルの料理店。全員が一度に座れる円卓で、これでもかと言うばかりの魚料理が振る舞われた。
b0108857_118359.jpg

一同満腹となった所で、いよいよ桃園の合同例会場へ向かった。空は穏やかに晴れていた。
[PR]
by inv-pyramid | 2010-08-24 01:18 | 2000年後半