人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[東京&江戸編] D76P全日本スピーチコンテスト打合せ(その2)

10月12日(木)19時より、東京ウィメンズプラザで2回目の全日本スピーチコンテスとの打合せが行なわれた。第2回以降はほとんどが東京ウィメンズプラザでの打合せとなった。また東京クラブの都合で第2木曜に設定されることが多かったので、武蔵の例会とぶつかる私としては途中で退席することがしばしばあった。

第2回打合せは、実行委員会の割り振りが主題であったが、東京側は既に細かく分担を決めており、PR、スポンサー、プログラム、会場、パーティーと大きく5つの委員会に役割分担をしていた。その各委員会の各担当についても大まかな割り振りがされており、あまり人数の割けない江戸としては、個別に協力する他なかった。東京側のコンテスト委員長はカナダ人で当時教育担当副会長だったクイッグリー氏、江戸は榊原氏にお願いした。さらに全体の統括責任者として我妻氏が監修することになっていた。
[PR]
by inv-pyramid | 2010-05-03 18:19 | 2000年後半