人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[武蔵編] クラブ内論評コンテストとその顛末

全日本スピーチコンテストの打ち合わせ日は、武蔵の例会日でもあった。しかもクラブ内論評コンテストである。打ち合わせの方は絶対外せないので、武蔵の方は梅本氏に任せ、私は打ち合わせが終わってから例会に参加した。第47回例会であった。

前半にワークショップ、後半にコンテストという手順は同じで、コンテストのテストスピーチは埼玉の長沢氏が務めた。審査員には埼玉クラブのメンバーの協力を得た。武蔵の場合、梅本氏がいる関係で折に触れ埼玉の応援を得ることができた。出場者は堀口、高橋、梶村の各氏で優勝は梶村氏であったが、梶村氏を含めて3名とも全日本コンテストには出場できないとのこと。その他の例会参加者も同様で、武蔵からの代表選出は次回以降に持ち越しとなった。運営クラブとしては面目ないことであるが、都合がつかなかれば仕方ないことである。

なお、会長の佐藤氏がご結婚により9月からレイサー氏となった。前回例会ではご主人を伴ってその報告をされていた。
[PR]
by inv-pyramid | 2010-05-01 11:08 | 2000年後半