人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[江戸編] ついに!?拙宅でのホームパーティー

8月12日(土)の午後から江戸クラブの納涼ホームパーティーを和光の拙宅で初めて行なった。この頃はまだ新居に引っ越したばかりで荷物も少なく、スペースが空いていたのでホームパーティーを行なうにはちょうど良いタイミングであった。私が入会してからは江戸のホームパーティーといえば大嶋邸であったが、大嶋夫妻は既に退会されているので、新たな会場として名乗りを上げてのことであった。参加者は我々夫婦を除いて6名で座卓を囲むにはちょうどよい人数であった。
b0108857_21504762.jpg

形態は基本的には持ち寄り形式のポットラックパーティーだったが、私の手料理を振舞うというお約束もあった。既に料理室納会では披露していたので、味については織り込み済み(?)。この頃はとにかく武蔵の陳氏から教わった餃子作りの腕前を披露するのが一つの楽しみだったので、機会があれば餃子を作っていた。

我が家は所謂日本式マンションの3LDKで、まだ1室が丸々家具などが置いていないスペースになっていた。なのでパーティーを行なうにはちょうど良かった。拙宅でのホームパーティーはこの後、武蔵、やまのてと続いた。
[PR]
by inv-pyramid | 2010-01-02 13:43 | 2000年後半