人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[江戸編] 苦肉の策!?今夜のディベート

8月1日の第254回例会から一つの試みをスタートさせた。「今夜のディベート」である。実際に「今夜のディベート」と題して始めたのはその次の例会からだったが、この日が事実上の始まりであった。内容は以前も時々ワークショップとして行っていたミニディベートを毎回行なうということであった.これは少ない出席者数とそれに伴うプログラムの貧弱化を補うための打開策というか苦肉の策であったが、2回目からは定刻に人数が揃わないというもう一つの弱点を補う目的も持たせて、例会開始早々、今夜のトーストマスターの紹介前の最初の30分で行なうことに路線変更した。ミニディベートだけなら4,5人でもでき、その間に人数が揃って通常例会ができるというメリットが得られた。

この手法は当時の江戸に合っていたので受け入れられ易く、3回目以降からは毎回行なわれるようになり、しばらくは江戸の名物になっていた。
[PR]
by inv-pyramid | 2010-01-02 07:55 | 2000年後半