人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[横浜編] アメリカを感じたサマーパーティー

7月23日(日)に横浜クラブのサマーパーティーに誘われて参加した。場所は京急沿線のストロガノフ氏のアパート。ストロガノフ氏はまもなく帰国されるとのことで、送別会も兼ねてのパーティーであった。

このパーティーは色々な意味でカルチャーショックであった。アパート自体は何の変哲もない日本家屋だったが、ストロガノフ氏に案内されて氏のベッドルームを拝見するとそこには巨大なベッドが置かれていた。帰国するので処分したいとのことだったが、組み立て式でもないがっしりとしたベッドにただ圧倒された。一方、テーブルは日曜大工で作ったような折りたたみ式で、そこにテーブルクロスを掛けて使用していた。これはいかにも合理的であった。飲み物はこれも巨大なクーラーボックスに色々なものが入れてあり、好きなものを飲めと言う。さらに食べものは何とバルコニーに置かれたバーベキューグリルで焼いていた。近所から苦情は来ないのか、と余計な心配をしていたが、これがアメリカ式のやり方なのかな、と思った。

そうこうしている内に横浜のメンバーも集まってきて、クーラーの効かない狭い室内で夜まで盛り上がっていた。色々と度肝を抜かれたサマーパーティーであった。
b0108857_21491752.jpg

[PR]
by inv-pyramid | 2009-11-24 00:20 | 2000年後半