人はいかにして逆ピラミッドの境地へと達するのか。記憶の中のトーストマスターズの出来事をたどり、現在そして明日への指標を探る、ささやかな独白です(H2O, DTM)。


by inv-pyramid

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

2000年後半
2000年前半
1999年後半
1999年前半
1998年
1997年
1996年
1995年
1994年
1994年以前

以前の記事

2012年 09月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

フォロー中のブログ

津田沼トーストマスターズ...
Utsunomiya T...
話し方で四季を彩る 大田...
調布フリーフライトトース...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

[さくら編] Sakura Toastmasters Hospital

「さくらエアライン」例会という心地よいベテランの味を見せ付けられた後を受けて、次の今夜のトーストマスター役が私になっていた。私はP藤山氏のやり方をそのまま踏襲することにした。このような例会はたまにやるからよいのであって、連続となるとどうかな、というところもあったが、気心の知れたさくらのメンバーなら乗ってくるだろうと思った。

7月26日の例会がそれで、私のテーマは病院。「さくらトーストマスターズホスピタル」というわけである。私は病院関係者ではないので、流石に小道具まで病院の備品で揃えることはできない。プログラムと配役までの演出に留めることになった。設定はある病棟の一日。私の役は院長で、スピーカーが患者、論評者が医師、文法係は看護師で、総合論評者が医局長という所か。誰が見ても当時高視聴率だっ医療ドラマ「ER」をモチーフにしているのは明らか。ERネタはTMの何かで一度やりたいと思っていたので、図らずもそれが実った格好になった。

この手の例会は結局「ごっこ」遊びということなのだろう。トーストマスターズ自体がある種のごっこ遊びであるからにして、それをより楽しむための一つの手法だと思えばよいと思う。
[PR]
by inv-pyramid | 2009-09-13 19:57 | 2000年後半